BLOG

名古屋市で火災にあった不動産は売却できる?|評価や注意点

せっかく購入した家が火災で損壊してしまったら、ひどく落ち込んでしまいますよね。名古屋市では、2020年の火災発生件数は516件で、1951年以降で最小の件数となっていますが、それでも1年間でこれだけの火災が発生していると、いつ自分の家も火災にあってしまうのかと不安になります。

火災の原因としては、1位はタバコですが、2位は放火となっており、77件も発生しています。そういった火災にあってしまった不動産を売却することはできるのかと、悩まれている方も多いでしょう。

この記事では、火災にあった不動産を売却する際の、家の評価や売却時の注意点、価値を取り戻す方法について、ご紹介します。火災にあわないことが一番ですが、もしもの時のために知識として身につけておきましょう。

火災にあうと不動産の評価は下がる?

火災のあった不動産の売却

結論から申し上げると「家の評価は下がる」傾向にあります。一般的な相場と比較して、2〜3割程度低い価格で売却されるケースが多いです。

不慮の事故かもしれませんが、火災も事故の一つです。そのため、買い手に対して、事故があった物件として、告知する義務があります。そうすると、どうしても家の評価が下がってしまうことは仕方がないでしょう。

またその火災により、人的被害や人が亡くなっているかどうかも不動産の評価に影響します。人的被害が発生してしまっていると、さらに評価は下がってしまう傾向にあります。

評価が下がるとはいっても、火災にあったから、全く家が売れないということはありません。ただし、他の物件と比べて需要が低くなることで、不動産の価値は下がってしまうことは事実です。

火災のあった不動産を売却する際の注意点

火災のあった不動産売却の注意点

火災に遭った不動産を売却する際には、いくつかの重要な注意点があります。ここでは、そのポイントをご紹介します。

火災の被害状況を把握する

被害状況を把握する

 まずは火災の被害状況を詳細に把握しましょう。どの部分が影響を受けたのか、修復が必要な箇所はどこかを確認することは、売却に向けたステップの一つです。これによって、修繕にかかる費用や工期を見積もることができます。

専門家のアドバイスを受ける

専門家のアドバイスを受ける
 
不動産の専門家や建築士にアドバイスを求めることも重要です。被害の程度や修復の必要性、市場価値の見積もりなどを専門的な視点から評価してもらいましょう。これによって、適切な売却戦略を立てることができます。

修復か再建を検討する

修復か再建を検討する

被害があった場合、修復と再建を検討することが選択肢となります。修復にかかるコストや期間、そして新たに建て直す際のプランを考えることが大切です。これによって、売却時の交渉材料となることもあります。

鑑定評価と市場価値を比較する

鑑定評価と市場価値を比較する

火災の影響による不動産の価値変動を把握するため、鑑定評価を受けることがオススメです。これによって得られた評価額と、同じ地域の類似物件の市場価値を比較しましょう。これによって、現実的な価格設定が可能となります。

信頼できる不動産業者を選ぶ

信頼できる不動産業者を選ぶ

不動産を売却する際には、信頼性のある不動産業者を選ぶことが大切です。実績や評判を調査し、複数の業者から査定を受けることで、適切な価格での売却が可能です。

買い手への説明と交渉を行う必要がある

買い手への説明と交渉を行う必要がある

火災に遭った不動産を売却する際、買い手に対してその歴史や修復状況を説明することが重要です。透明性のある情報を提供し、適切な価格交渉を進めましょう。

上述しましたが、火災も事故であるため、買い手に対して説明する義務が発生します。隠すことなく、ありのままを伝えるようにしましょう。

火災にあった不動産の価値を取り戻す方法

不動産の価値を取り戻す

火災にあった不動産の価値を取り戻す方法もあります。しかし、これにもお金がかかることは覚悟しておきましょう。

もし築年数の浅い家であれば、以下で紹介する方法をとるよりも、手元にお金が残る可能性があります。そこも含めて、不動産業者に相談するようにしましょう。

更地にする

更地にする

一つ目は、火災のあった家を解体して更地にする方法です。事故物件は、買い手に対しての心理的な抵抗によって、評価が下がってしまいます

火災のあった建物を解体することで、買い手の心理的瑕疵を下げることができますし、更地にすることで価格を下げずに売却できることもあります。

駐車場にして売却する

駐車場にして売却する

二つ目は、駐車場にして売却する方法です。買い手がそこに住むことを考えるため、心理的瑕疵によって、評価が下がってしまいます。駐車場にしてしまえば、そこに人が住むわけではありませんので、その分評価を下げずに不動産を売却することができます。

本当に売れない時は、事故物件買取業者に依頼しよう

本当に売れない時は、事故物件買取業者に依頼しよう

通常の不動産業者に火災のあった不動産の売却を依頼したとしても、なかなか買い手がつかないこともあります。そういった場合は、事故物件買取業者に依頼してみましょう。

通常の不動産業者とは違い、買取業者が時効物件を買い取ってくれます。買い手を探す手間や時間が惜しい方はこちらも検討してみてください。ただし、事故物件の買取価格の相場は一般的に売却するよりも低くなるというデメリットもありますので、慎重に検討するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。この記事では、火災にあった不動産を売却する際の、家の評価や売却時の注意点、価値を取り戻す方法について、ご紹介しました

火災にあった物件は事故物件となってしまうため、どうしても不動産としての評価が下がってしまいます。不動産の価値を下げずに売却したい場合は、お金はかかりますが、更地や駐車場にすることを検討してみましょう。

また、事故物件買取業者へ買取を依頼することも一つの手段です。自分の納得のいく方法を選択するようにしましょう。

また、不動産会社によっては、バーチャルツアー・バーチャルホームステージングを行ってくれる会社もあります。そのようなところに依頼するのも一つの方法です。

そして土地に関しては ゼータエステート株式会社バーチャルホームステージング もあります。

↓↓↓下の画像をクリックでバーチャルツアー・バーチャルホームステージングの詳細ページ↓↓↓
ゼータエステート株式会社バーチャルホームステージング

名古屋市であれば、「ゼータエステート」がバーチャルツアー・バーチャルホームステージングを行っています。
バーチャルツアー・バーチャルホームステージングなら「ゼータエステート」

【査定】お問い合わせ
名古屋市不動産売却査定依頼
不動産売却「5つのメリット」で他社とは違う売主様へのサービス
不動産を売る時の5つのメリットがあります
販売物件 土地・戸建・マンション 名古屋市内16区
販売物件 土地・戸建・マンション 名古屋市内16区

関連記事一覧