BLOG

名古屋市で相続した不動産を売却するには?流れや税金はどうなる

自分には別に住んでいる家がある上で、不動産を相続することもありますよね。そういったとき、その不動産を空けておくと、固定資産税もかかってしまいます。早く家を売却して処分したいと考えている方も多いでしょう。

この記事では、相続した不動産を売却する際の流れや税金について、また注意点についてご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

相続した不動産を売却する流れ

相続した不動産を売却する流れ

名古屋市で相続した不動産を売却する際の流れをご紹介します。

評価と相続税の確認

評価と相続税の確認

まず最初に、相続した不動産の評価額を把握しましょう。これには不動産鑑定士の評価や市場価格などを考慮する必要があります。さらに、相続税についても確認しておきましょう。詳細な評価額と税金額は、後の手続きに影響を与える重要な要素です。

不動産業者の選定

不動産業者の選定

次に、信頼性のある不動産業者を選びましょう。地元の業者は地域に精通しているため、スムーズな売却をサポートしてくれるでしょう。複数の業者に相談し、提案や査定額を比較検討することが大切です。

売却契約の締結

売却契約の締結

業者を選んだら、売却契約を締結します。契約内容や手数料、仲介手数料などを確認し、納得のいくものであるか確認しましょう。契約後、不動産業者は広告や購入希望者の紹介を行います。

購入希望者との交渉

購入希望者との交渉

興味を持ってくれる購入希望者が現れたら、価格交渉を行います。業者が仲介役として交渉を進めてくれますが、あらかじめ最低限の価格や条件を設定しておくことが大切です。

売却の手続きと税金

売却の手続きと税金

売却が決まったら、不動産売買契約を締結し、登記手続きを進めます。また、売却に伴う税金の計算や申告も行われます。相続税や所得税など、税金に関する事項は専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。

手続き完了と売却代金の受け取り

手続き完了と売却代金の受け取り

手続きが完了し、登記が完了したら売却代金が支払われます。不動産業者が手続きを進め、代金があなたに支払われるまでの間にかかる期間や手数料についても確認しておきましょう。

相続した不動産を売却した時の税金はどうなる?

相続した不動産を売却した時の税金はどうなる?

名古屋市で相続による不動産の売却を検討している方々にとって、税金は重要なポイントです。ここでは相続した不動産の売却に伴う税金について、解説します。

譲渡所得税

譲渡所得税

譲渡所得税とは、家を売却することで得た利益に対して課税される税金です。売却価格から取得原価を差し引いた金額が課税対象です。売却から5年以内なら特別控除を受けることができます。

譲渡所得税率は所有期間によって異なりますので、しっかりと確認しておきましょう。
● 短期(5年以下所有):39.63%(所得税30.63% + 住民税9%)
● 長期(5年以上所有):20.315%(所得税15.315% + 住民税5%)

印紙税

印紙税

売買契約書作成時にかかる税金で、契約金額に応じて決まります。記載された契約金額によって課税額が変動します。

2024年3月31日までは軽減税額が適用され、契約金額が1,000万円を超え5,000万円以下の場合は1万円、5,000万円を超え1億円以下の場合は3万円となります。売却を検討している場合は、この軽減税額が適用できる期間に売却することがオススメです。

仲介手数料に対する消費税

仲介手数料に対する消費税

不動産会社へ依頼して、家を売却した際には、不動産会社へ仲介手数料を支払わなければなりません。この不動産会社への仲介手数料には消費税がかかってきます。売却した後の利益を計算する際には、しっかりと確認するようにしましょう。

相続した家を売却する際の注意点

相続した不動産を売却する注意点

個人所有の家の売却と異なり、相続した家を売却する際には注意しなければならない点があります。ここでは、相続した家を売却する際の注意点について、ご紹介します。

まず、相続した不動産を売却する際には、被相続人の遺言書があるかどうかを確認しましょう。必要に応じて、相続人同士で遺産分割協議を行い、遺産分割協議書を作成することも重要です。遺産分割協議書には全相続人の署名捺印が必要なため、漏れがないかどうかはしっかりと確認しましょう。

また不動産を売却する前には、所有権変更のための登記手続きが必要です。相続した不動産の場合は、相続登記によって所有権が移転します。相続登記を行っていない不動産は相続人全員の共有財産となるため、他の相続人に相談なしに売却することができません。

最後に、相続した不動産を長期間放置することは避けるようにしましょう。手入れされていない空き家は劣化してしまい、家の価値がガクンと下がる可能性があります。家は、年々価値が下がっていくものですので、現時点の状態が一番価値があると考え、早めに売却を検討しましょう。

固定資産税や家の維持費などは、決して安くありません。相続した場合は、早く動き出し、不動産の価値が下がる前に売却するようにしましょう。

まとめ

 いかがでしたか。この記事では、相続した不動産を売却する際の流れや税金について、また注意点についてご紹介しました。

相続した家を売却するには、相続登記を行い、相続人の中で話し合うことが大切です。また税金にも注意して、売却を進めていきましょう。

また、不動産会社によっては、バーチャルツアー・バーチャルホームステージングを行ってくれる会社もあります。そのようなところに依頼するのも一つの方法です。

そして土地に関しては ゼータエステート株式会社バーチャルホームステージング もあります。

↓↓↓下の画像をクリックでバーチャルツアー・バーチャルホームステージングの詳細ページ↓↓↓
ゼータエステート株式会社バーチャルホームステージング

名古屋市であれば、「ゼータエステート」がバーチャルツアー・バーチャルホームステージングを行っています。
バーチャルツアー・バーチャルホームステージングなら「ゼータエステート」

【査定】お問い合わせ
名古屋市不動産売却査定依頼
不動産売却「5つのメリット」で他社とは違う売主様へのサービス
不動産を売る時の5つのメリットがあります
販売物件 土地・戸建・マンション 名古屋市内16区
販売物件 土地・戸建・マンション 名古屋市内16区

関連記事一覧