BLOG

名古屋市中区の不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定

名古屋市中区で相続や引っ越しなどのため、不動産の売却に悩んでいる人もいるのではないでしょうか。不動産の売却は多くの人にとって経験したことがなく、流れや注意点のわからない人も少なくありません。

この記事では名古屋市中区の不動産売却の流れや名古屋市中区の相場や注意点などについてご紹介します。不動産売却の流れや売却方法を確認することで、なにからはじめるのかが明確になります。

相場や注意点を知らないと、不動産を高く売却することは難しいのでしっかりと確認しておきましょう。そして、不動産と一口に言っても、土地(空き地・空き土地)、空き家や中古住宅、中古マンション、田んぼや畑の農地、工場や工場跡地等あります。

名古屋市中区は繁華街の栄えているエリアで、リニア中央新幹線開通も控えているため地価も上昇しています。

少しでも不動産を高く売却するために、ニーズを理解して相場を確認することが大切です。納得して売却をおこなうためにも、ぜひ最後まで確認してみましょう。

名古屋市中区の最新情報

名古屋市中区の最新情報

名古屋市中区の人口は、2024年3月1日時点で100,139人(対前月28人の増加)で、世帯数は70,813世帯(対前月46世帯の増加)となっています。世帯数と人口の比率でみると単身者が多いことが分かります。

中区の最新情報としては、栄駅だけでなく伏見駅でも再開発が進んでいます。伏見駅は、名古屋駅や栄駅から地下鉄で一駅となりの利便性が優れた駅です。

2019年には駅ナカ商業施設の、「ヨリマチFUSHIMI」がオープンしています。2023年には総戸数181戸のタワーマンション「タワー・ザ・ファースト名古屋 伏見」が完成しました。

伏見駅周辺はますます便利になっていて、これからも人気は続きそうです。新築分譲マンションは高額になっているため、中古マンションなどへの流入も考えられます。中区は発展を続けているので、不動産価格にも注目しておきましょう。

*参考 令和6年3月1日現在の名古屋市の世帯数と人口 -推計人口

名古屋市中区ホームページ

名古屋市中区の不動産の相場

名古屋市中区の不動産の相場

名古屋市中区の地価は増加傾向にあって、東海圏では最も地価が高い相場になっている人気のエリアです。交通の便もよくてリニア新幹線開通を控えていることからも、さらに地価が上昇していく可能性が高いです。

2019年時点での地価は、727,100円/㎡となっています。人口も年々増加しているため、今後もニーズが高まっていくことも予想されます。

中区でとくに人気のエリアは、繁華街がある栄や大須などです。大型商業施設も多く、企業のオフィスも集まっています。再開発も進んでいるため、相場調査や不動産のニーズは日頃から調査しておくことが大切です。

中区で不動産売却をおこなう注意点

中区で不動産売却をおこなう注意点

名古屋市中区は土地の価格上昇が続いているエリアですが、住宅よりも商業施設の需要が高くなっています。住宅の不動産を売ろうとしている人は、エリアのニーズとあっているかを確認しながら、売却を進めていきましょう。

住宅として売れない場合は、土地として売り出すこともひとつの方法です。不動産の広さや駅までの距離をふまえて、高く売却できる方法を選択しましょう。

名古屋市中区は不動産会社が密集しているエリアでもあるため、いい不動産会社を見つけるのが大変な点にも注意が必要です。不動産会社や営業担当者が信頼できるかを見極めて、売却を進めるようにしましょう。

不動産会社によっては、バーチャルツアー・バーチャルホームステージングを行ってくれる会社もあります。そのようなところに依頼するのも一つの方法です。

そして土地に関しては ゼータエステート株式会社バーチャルホームステージング もあります。

↓↓↓下の画像をクリックでバーチャルツアー・バーチャルホームステージングの詳細ページ↓↓↓
ゼータエステート株式会社バーチャルホームステージング

不動産を売却する流れと注意点は?

不動産売却に慣れていない方のために、不動産売却の流れと注意点を解説します。全体像やイメージを掴んでおくことで、実際の売却をスムーズにおこなうことが可能です。

売却の相談

売却の相談

はじめに行うことは、不動産会社に物件売却の相談をすることです。売る物件の売却相場を知ることが大切なため、複数の不動産会社に査定の依頼をしましょう。

価格査定には、机上査定と訪問査定の2種類があります。担当者に内覧をしてもらう訪問査定の方がより正確な査定ができるため、おすすめです。

田んぼや畑の農地等の空き地や中古戸建の空き家や中古マンションの空室と言った場合は、売主様の荷物等も無いため、気軽に訪問査定で見てもらうことが出来ます。

居住中の中古一戸建てや中古住宅などの一軒家の場合や居住中の中古マンションの場合はあらかじめ不動産会社と日程の調整が必要になります。早めに相談をしてみましょう。

媒介契約を結ぶ

媒介契約を結ぶ

次にすることは、媒介契約を結ぶことです。不動産会社を選んだら、売主と不動産会社との間で媒介契約を結びます。媒介契約には以下の3つがあります。

  • 一般媒介契約
  • 専属専任媒介契約
  • 専任媒介契約

媒介契約を提携できる不動産会社の数や契約有効期間などの違いがあるため、自分の状況をもとに選びましょう。

売却活動

売却活動

次にすることは、売却活動です。インターネットやチラシなどで販売活動が行われます。広告を見て興味を持った人が不動産会社に連絡をし、実際に見学などをして購入するか決めます。見学などを経て、双方が条件に合意をすれば売却活動は終了です。

購入希望者と売買契約を結ぶ

購入希望者と売買契約を結ぶ

次にすることは、買主と売買契約を結ぶことです。宅地建物取引士同席のうえ、重要事項説明の読み合わせを行い、売買契約書を締結します。

物件の引き渡し

物件の引き渡し

次に、物件の引き渡しを行います。ローンが残っている場合は残りのローンの支払いや、他の費用の清算をします。売主、買主、不動産会社、金融機関担当者を交えて決済が完了すれば、引き渡しです。引き渡しを行うと、不動産売却に一区切りがつきます。

最後に、不動産売却後に確定申告が必要になる場合があるため、必要であれば手続きをしましょう。

売却するときに知っておきたいこと

売却するときに知っておきたいこと

売却するときに知っておきたいことは、契約する前に相見積もりをとって複数の不動産会社から話を聞くことが大切です。不動産会社を決めるときは査定金額だけでなく、営業担当者が信頼できるかも確認しておきましょう。

売却をするときは仲介だけでなく、不動産会社に買取をしてもらうことも検討してみてください。すぐに売りたいときや、分筆をして販売できるほどの広い土地なら仲介よりもメリットがある可能性もあります。

まとめ|名古屋市の相場を知って高く不動産を売却しよう

名古屋市西区の特徴を把握して不動産を高く売ろう

この記事では不動産売却の流れや名古屋市中区の相場や注意点などについてご紹介しました。不動産売却の流れを確認してから、相場を調べて信頼できる不動産会社や営業担当者を見つけることがオススメです。

名古屋市中区の地価相場は、年々増加しています。リニア中央新幹線の開通によって、値段が大きく変わることも考えられます。不動産は高額な取引になるため、知識や経験がないと大きく損をしてしまう危険もあるので注意が必要です。

今回ご紹介したポイントや注意点をしっかりと確認して、納得のいく不動産売却をするようにしましょう。

【査定】お問い合わせ
名古屋市不動産売却査定依頼
不動産売却「5つのメリット」で他社とは違う売主様へのサービス
不動産を売る時の5つのメリットがあります
販売物件 土地・戸建・マンション 名古屋市内16区
販売物件 土地・戸建・マンション 名古屋市内16区

関連記事一覧