BLOG

名古屋市北区の不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定

名古屋市北区で不動産売却を考えている人がいるのではないでしょうか。名古屋市北区は、自然を感じられるエリアや中心部へのアクセスがよいエリアなどがあります。不動産売却をするなら、流れを知ってから動きはじめることが大切です。

本記事では、名古屋市北区の人気のエリアや不動産売却の相場をご紹介しています。不動産と一口に言っても、土地(空き地・空き土地)、空き家や中古住宅、中古マンション、田や畑の農地、工場や工場跡地等あります。

あわせて不動産売却の流れや気を付けることも紹介しているため、不動産売却の参考にするとよいでしょう。

名古屋市北区の地域情報

名古屋市北区は、名古屋市営地下鉄、名古屋市営バス、名鉄瀬戸線といったアクセスがよい地域です。

名古屋市北区の人口は、2024年3月1日時点で161,003人(対前月136人の減少)で、世帯数は81,331世帯(対前月51世帯の減少)となっています。

大きな公園や商店街、ホームセンターやスーパーマーケットなど、生活に困ることはありません。名古屋の中心部である栄には、名城線1本で行けます。中心部からそこまで離れてはいませんが、自然が感じられる地域です。全体的に子育てがしやすい地域で、ファミリー層に人気となっています。

*参考 令和6年3月1日現在の名古屋市の世帯数と人口 -推計人口

名古屋市北区ホームページ

名古屋市北区で人気のエリア

名古屋市北区で人気のエリア

名古屋市北区で人気のエリアは、志賀本通駅周辺です。名古屋市営地下鉄の駅、スーパーマーケット、幼稚園や保育園もあり、子育て世帯に人気のエリアとなっています。

大曽根駅周辺は、複数路線利用できることや、商業施設が近いため、人気のエリアとなっています。最近人気が高まっているエリアは、黒川駅付近です。飲食店が立ち並んでおり、車や電車だけでなく、自転車でも中心部へのアクセスしやすいことが魅力の1つです。

名古屋市北区の不動産売却の相場

名古屋市北区の不動産売却の相場

名古屋市北区の不動産売却の相場は、マンションだと2,334万円程度です。不動産会社によってもそこまで大きな差はないといえます。

一戸建ての場合、3,094万円~4,767万円と不動産会社によって差があるものの、マンションに比べて高い相場となっています。マンション、一戸建ての不動産売却を考えている場合は、不動産会社に査定依頼をしてみるとよいでしょう。場合によっては、今が高く売却できるチャンスかもしれません。不動産会社の話も聞いたうえで判断しましょう。

名古屋市北区で不動産を高く売却するには?

名古屋市北区で不動産を高く売却するには?

名古屋市北区で不動産を高く売却するためには、複数の不動産会社で査定を受けましょう。査定を受けるだけでなく、自分でも売却の相場価格を調べることが大切です。

査定を受ける際に、机上査定と訪問査定の2種類があります。机上査定は家の中を見ずに査定する方法であるため、ざっくりとした査定です。訪問査定は、不動産会社が家を訪問して査定額を決める方法です。訪問査定をしてもらったほうが、より正確な査定額がわかります。事前にしっかりと査定してもらうことで、高い売却につながります。

不動産会社によっては、バーチャルツアー・バーチャルホームステージングを行ってくれる会社もあります。そのようなところに依頼するのも一つの方法です。

そして土地に関しては ゼータエステート株式会社バーチャルホームステージング もあります。

↓↓↓下の画像をクリックでバーチャルツアー・バーチャルホームステージングの詳細ページ↓↓↓
ゼータエステート株式会社バーチャルホームステージング

不動産売却の流れ

ここでは名古屋市北区での不動産売却の流れについて見ていきます。

売却の相談

売却の相談

はじめに行うことは、不動産会社に物件売却の相談をすることです。売る物件の売却相場を知ることが大切なため、複数の不動産会社に査定の依頼をしましょう。

価格査定には、机上査定と訪問査定の2種類があります。担当者に内覧をしてもらう訪問査定の方がより正確な査定ができるため、おすすめです。

田や畑の農地等・駐車場の空き地や中古戸建の空き家や中古マンションの空室と言った場合は、売主様の荷物等も無いため、気軽に訪問査定で見てもらうことが出来ます。

居住中の中古一戸建てや中古住宅などの一軒家の場合や居住中の中古マンションの場合はあらかじめ不動産会社と日程の調整が必要になります。早めに相談をしてみましょう。

媒介契約を結ぶ

媒介契約を結ぶ

次にすることは、媒介契約を結ぶことです。不動産会社を選んだら、売主と不動産会社との間で媒介契約を結びます。媒介契約には以下の3つがあります。

  • 一般媒介契約
  • 専属専任媒介契約
  • 専任媒介契約

媒介契約を提携できる不動産会社の数や契約有効期間などの違いがあるため、自分の状況をもとに選びましょう。

売却活動

売却活動

次にすることは、売却活動です。インターネットやチラシなどで販売活動が行われます。広告を見て興味を持った人が不動産会社に連絡をし、実際に見学などをして購入するか決めます。見学などを経て、双方が条件に合意をすれば売却活動は終了です。

購入希望者と売買契約を結ぶ

購入希望者と売買契約を結ぶ

次にすることは、買主と売買契約を結ぶことです。宅地建物取引士同席のうえ、重要事項説明の読み合わせを行い、売買契約書を締結します。

物件の引き渡し

物件の引き渡し

次に、物件の引き渡しを行います。ローンが残っている場合は残りのローンの支払いや、他の費用の清算をします。売主、買主、不動産会社、金融機関担当者を交えて決済が完了すれば、引き渡しです。引き渡しを行うと、不動産売却に一区切りがつきます。

最後に、不動産売却後に確定申告が必要になる場合があるため、必要であれば手続きをしましょう。

不動産売却の際に気を付けること

不動産売却の際に気を付けること

不動産売却の際に気を付けることは、売却したいエリアの特徴や相場を知っておくことです。1社だけでなく、複数の不動産会社で査定を受けるようにしましょう。複数の不動産会社の査定を知ることで、おおよその相場がわかります。

売却の相談から引き渡しまで、不動産会社とは長い付き合いになるため、対応のよさは重要です。大手の不動産会社だけでなく、地域に密着した不動産会社もあるため、自分の状態や不動産に適した不動産会社を選びましょう。

不動産売却の際に必要な書類と料金

不動産売却の際に必要な書類と料金

不動産売却の際に必要な書類は、以下のとおりです。
1.本人確認書類
2.実印と印鑑証明書
3.登記済権利証
4.固定資産評価証明書
5.確定測量図
6.マンションの管理規約
7.ローン残高証明書
8.代金の振込を受ける口座の通帳

普段見返さない書類は、引き出しの奥などにしまい込んでいる可能性があるため、探しておきましょう。必要な書類は、マンションや一戸建て、土地によっても異なるため、確認が必要です。不動産売却時にかかる費用は、以下の通りです。
1.仲介手数料
2.譲渡所得税
3.印紙税
4.住宅ローン返済手数料
5.登記費用
6.その他の費用
不動産を売るためには、費用がかかることを覚えておきましょう。

まとめ|名古屋市北区の特徴を知って不動産を売却しよう

名古屋市北区の特徴を知って不動産を売却しよう

名古屋市北区で不動産売却を考えている場合、地域の特徴を知ってから売却しましょう。ホームセンターやスーパーマーケットなどが充実しており、生活には困りません。

中心部へのアクセスもよく、子育てもしやすい環境にあります。不動産売却をするなら、複数の不動産会社で査定を受けてから売却しましょう。

【査定】お問い合わせ
名古屋市不動産売却査定依頼
不動産売却「5つのメリット」で他社とは違う売主様へのサービス
不動産を売る時の5つのメリットがあります
販売物件 土地・戸建・マンション 名古屋市内16区
販売物件 土地・戸建・マンション 名古屋市内16区

関連記事一覧