BLOG

名古屋市緑区の不動産売却|土地・一戸建て・マンション売却査定

名古屋市緑区は、名古屋市の東南部に位置している区で、東西に「扇川」、西部に「天白川(てんぱくがわ)」、南部に「大高川」が流れており、名前の通り、自然豊かな区です。面積は37.91平方キロメートルで、名古屋市16区の中で2番目に大きな区です。

名古屋市緑区には様々な種類の不動産があり、土地(空き地・空き土地)、空き家や中古住宅、中古マンション、田んぼや畑の農地、工場や工場跡地等あります。

そんな名古屋市緑区で不動産を売却しようと考えている方に向けて、緑区の特徴や緑区での不動産売買の成約件数、相場をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

名古屋市緑区の特徴

まずは、名古屋市緑区の特徴を見ていきましょう。不動産売却をスムーズに進めるためには、不動産を保有している周りのエリアについて、情報を集めておくことが重要です。購入希望者に物件だけでなく、この土地に住むことのメリットを伝えられれば、成約に繋がりやすくなりますので、しっかりと調査しておきましょう。

緑区の人口

緑区の人口

名古屋市緑区の人口は、2024年3月1日時点で247,807人(対前月132人の減少)で、世帯数は104,587世帯(対前月5世帯増加)となっています。ここ3年はほんの少し減少していますが、名古屋市の16区の中で最も人口が多い区です。

1990年には178,919人、2000年には206,864人、2010年には229,592人と10年間ごとに約3万人程度ずつ上昇しています。この結果から今後もさらに人口が増えていくことが予想されます。人口が増えるということは、不動産の需要も増えてくるということですので、不動産を売却する人にとっては嬉しい状況でしょう。

人口が増加している背景には、2011年に地下鉄桜通線が緑区まで開通したことで、アクセス面でも非常に便利になり、都市部に通勤する方のベッドタウンとして注目されるようになったということも挙げられます。

*参考 令和6年3月1日現在の名古屋市の世帯数と人口 -推計人口

緑区の歴史的特徴

緑区の歴史的特徴

緑区は、織田信長と今川義元軍が壮絶な戦いを繰り広げた「桶狭間の戦い」の舞台で知られています。さらに、桶狭間を含む有松町エリアでは、江戸時代以降における絞り製品の中でも特に有名な「有松・鳴海絞り」の文化が今なお受け継がれています。有松町エリアは「町並み保存地区」に指定されており、江戸時代からの建造物を鑑賞することができます。

江戸時代の名残りとして、酒造業も際立っています。名古屋市内にある5つの酒蔵のうち3つが緑区に位置しており、新鮮な水源から醸造された清酒を楽しむことができます。見学会や試飲会などのイベントも定期的に開催され、観光客にも大変人気があります。

緑区の住みやすさ

緑区の住みやすさ

緑区は、日常の利便性に優れたスーパーマーケットチェーンや地域密着型の低価格スーパーが多数存在する地域です。ファミリーで買い物をする時にも、困ることはありません。

また、緑区には「名古屋市立緑市民病院」と「総合病院南生協病院」という2つの大きな病院があります。クリニックや医院を含めれば、医療機関は250か所以上あるため、医療サービスを受けるために遠くにいく必要もありません。

緑区には28の学区があり、これらの学区では、世代間の交流を促進するためにさまざまな活動が行われていて、地域社会の結びつきを強化しています。例えば、滝ノ水学区では「福祉ふれあいまつり」、平子学区では「平子ふれあい広場餅つき祭り」、大清水学区では「ふれあい夏まつり盆踊り大会」などが開催されています。

緑区には公立保育園が11か所、私立保育園が66か所あり、名古屋市内でも特に充実した施設が整っています。子育て支援センターなどを設けている保育園も多く、子育てに理想的な環境と言えます。

このように、食料品の買い出しや医療サービス、地域内の繋がり、保育園などのサービスが充実している緑区は非常に住みやすい街だと言えるでしょう。

名古屋市緑区ホームページ

名古屋市緑区の不動産売買の成約件数

名古屋市緑区の不動産売買の成約件数

名古屋市緑区では、不動産売買がどの程度行われているのでしょうか。ここでは、2020年から2022年のデータを参考に、成約件数を見ていきましょう。

3年間で、戸建て・マンションの成約件数は約320件、土地の成約件数は約290件となっています。戸建て・マンションともに成約件数が多く、単身の方にも、ファミリーの方にも非常に人気のエリアだと言えるでしょう。

緑区では広範な土地区画整理事業が進められていて、新しい市街地の形成が急速に進んでいます。地下鉄桜通線の野並ー徳重間が繋がったり、名古屋第二環状自動車道の運用が始まったことで、交通環境も大幅に向上してきました。これにより、今後もさらなる発展が期待されています。

名古屋市緑区の不動産売買の相場は?

名古屋市緑区の不動産売却価格の相場

名古屋市緑区の不動産売却の相場価格をご紹介します。ここでは2020年〜2022年の相場のデータを参考にご紹介します。あくまでも成約した不動産の平均価格であるため、必ずこの通りではありません。

【土地】

土地の広さ平均価格
100㎡未満1,191万円
100㎡~130㎡未満2,248万円
130㎡~165㎡未満2,565万円
165㎡~200㎡未満2,992万円
200㎡以上5,078万円

【戸建】

建物の広さ平均価格
100㎡未満3,128万円
100㎡~130㎡未満3,935万円
130㎡~165㎡未満3,973万円
165㎡~200㎡未満6,253万円
200㎡以上6,183万円

【マンション】

建物の広さ平均価格
40㎡~60㎡未満522万円
60㎡~80㎡未満1,980万円
80㎡~100㎡未満2,501万円
100㎡以上5,752万円

マンション売却価格は上昇傾向にあるため、物件売却を考えている人は、1度査定を受けてみてもよいでしょう。一戸建て売却の相場、取引件数が上昇傾向にあります。

名古屋市緑区の不動産売却にかかる費用

名古屋市緑区の相場と不動産売却にかかる費用

不動産を売却する場合、不動産会社に支払う仲介手数料や税金などの費用がかかります。売却するときに、どのくらい手持ち資金が必要か把握するのに役立ててみてください。

  • 仲介手数料 売買代金の3%+60,000円×消費税10%
  • その他費用 5万円(収入印紙代+抵当権抹消費用)

その他、必要に応じて測量費用や建物解体費用等も必要になる場合があります。

売却するときに注意すること

売却するときは、売却前に最低条件を考えておきましょう。売却をするときの最低条件とは、最長でいつまでに売却しなければならないのか、最低でいくら以上で売却するのかという基準です。例えば、住宅ローンが残っている場合、売却価格は住宅ローンの残債以上で設定しなければなりません。

また、半年後に引っ越しすることが決まっている場合は、最長でも半年以内には売却しなければ家賃の支払いが2重となってしまいます。最低条件を考えていないと、売却価格の設定や、買主との条件交渉時に誤った判断をしてしまうかもしれません。誤った判断をして後悔しないためにも、売却前に最低条件を考えておきましょう。

不動産会社によっては、バーチャルツアー・バーチャルホームステージングを行ってくれる会社もあります。そのようなところに依頼するのも一つの方法です。

そして土地に関しては ゼータエステート株式会社バーチャルホームステージング もあります。

↓↓↓下の画像をクリックでバーチャルツアー・バーチャルホームステージングの詳細ページ↓↓↓
ゼータエステート株式会社バーチャルホームステージング

不動産を売却する流れと注意点は?

不動産売却に慣れていない方のために、不動産売却の流れと注意点を解説します。全体像やイメージを掴んでおくことで、実際の売却をスムーズにおこなうことが可能です。

売却の相談

売却の相談

はじめに行うことは、不動産会社に物件売却の相談をすることです。売る物件の売却相場を知ることが大切なため、複数の不動産会社に査定の依頼をしましょう。

価格査定には、机上査定と訪問査定の2種類があります。担当者に内覧をしてもらう訪問査定の方がより正確な査定ができるため、おすすめです。

田んぼや畑の農地・駐車場等の空き地や中古戸建の空き家や中古マンションの空室と言った場合は、売主様の荷物等も無いため、気軽に訪問査定で見てもらうことが出来ます。

居住中の中古一戸建てや中古住宅などの一軒家の場合や居住中の中古マンションの場合はあらかじめ不動産会社と日程の調整が必要になります。早めに相談をしてみましょう。

媒介契約を結ぶ

媒介契約を結ぶ

次にすることは、媒介契約を結ぶことです。不動産会社を選んだら、売主と不動産会社との間で媒介契約を結びます。媒介契約には以下の3つがあります。

  • 一般媒介契約
  • 専属専任媒介契約
  • 専任媒介契約

媒介契約を提携できる不動産会社の数や契約有効期間などの違いがあるため、自分の状況をもとに選びましょう。

売却活動

売却活動

次にすることは、売却活動です。インターネットやチラシなどで販売活動が行われます。広告を見て興味を持った人が不動産会社に連絡をし、実際に見学などをして購入するか決めます。見学などを経て、双方が条件に合意をすれば売却活動は終了です。

購入希望者と売買契約を結ぶ

購入希望者と売買契約を結ぶ

次にすることは、買主と売買契約を結ぶことです。宅地建物取引士同席のうえ、重要事項説明の読み合わせを行い、売買契約書を締結します。

物件の引き渡し

物件の引き渡し

次に、物件の引き渡しを行います。ローンが残っている場合は残りのローンの支払いや、他の費用の清算をします。売主、買主、不動産会社、金融機関担当者を交えて決済が完了すれば、引き渡しです。引き渡しを行うと、不動産売却に一区切りがつきます。

最後に、不動産売却後に確定申告が必要になる場合があるため、必要であれば手続きをしましょう。

売却するときに知っておきたいこと

売却するときに知っておきたいこと

売却するときに知っておきたいことは、契約する前に相見積もりをとって複数の不動産会社から話を聞くことが大切です。不動産会社を決めるときは査定金額だけでなく、営業担当者が信頼できるかも確認しておきましょう。

売却をするときは仲介だけでなく、不動産会社に買取をしてもらうことも検討してみてください。すぐに売りたいときや、分筆をして販売できるほどの広い土地なら仲介よりもメリットがある可能性もあります。

まとめ|名古屋市緑区の特徴を押さえて不動産売却を成功させよう!

まとめ|名古屋市緑区の特徴を押さえて不動産売却を成功させよう!

いかがでしたか。名古屋市緑区は、その名の通り自然に恵まれているだけでなく、スーパー、医療機関が多いことで、非常に住みやすいエリアです。このような特徴を購入希望者の方にメリットとして情報提供することで、不動産売却をスムーズに進めていくことができるでしょう。

【査定】お問い合わせ
名古屋市不動産売却査定依頼
不動産売却「5つのメリット」で他社とは違う売主様へのサービス
不動産を売る時の5つのメリットがあります
販売物件 土地・戸建・マンション 名古屋市内16区
販売物件 土地・戸建・マンション 名古屋市内16区

関連記事一覧